トップカイザーサウンドオーディオクリニックの旅>PMC・BB5マルチを諦め、ローゼンクランツ・The Maestroに

PMC・BB5マルチを諦め、ローゼンクランツ・The Maestroに

遊び半分の筈が本能の情動を揺さぶった

それは衝撃的ハプニングでした。ある時遊び半分にローゼンクランツのフルレンジスピーカーRK-AL12を聴いて貰ったのです。最初の内は『フルレンジ一発にしてはそこそこ鳴るもんですね・・・』と、余裕のコメントで居られたのですが、スピーカーケーブルをRGB2aに換えて鳴らし始めた頃から、K.Yさんの顔が急に引きつり始めました。


志賀高原原木杉・戸籍簿管理・オーディオ壁の実力

徐々に調子を上げつつあるRK-AL12から、にわかには信じられないような音に生まれ変わったのです。地響きを立てるような伸びのある重低音は、質の違いこそあれBB5を凌ぐ迫力となり、まるで生演奏を彷彿とさせるリアリティーであります。加速度組み立てを施した志賀高原原木杉による背面壁全体が大平面スピーカーに化けた瞬間でした。

勿論私だってこんな音は初体験です、
完璧に芯を射抜いた時のエネルギーは、
想像の域を遥かに超えてしまいます。

ステレオたる物はかくあるべし!
常日頃、私が口を酸っぱくして唱えている、
"振動"と"電気"と"気流"の三つの時間軸が、
三位一体となった時の衝撃のサウンドは、
閃光鋭い稲妻と地響きを立てる雷鳴のようでした。

余程カイザーセッティングがスイートスポットに入ったのでしょう。床に置かれたスピーカーと背面壁までの距離、そして、志賀高原杉の壁面高や幅の寸法が旨くシンクロして初めて出る音です。勿論その元となっているのは、スピーカーの箱がカイザー和音寸法で設計されているからです。

壁板の釘打ちのピッチまでカイザー寸法で組み上げたので、共鳴・反響して当然です。全員が音楽に参画している状態も、畳9枚分にも及ぼうかという背壁振動板総面積を考えると、38センチウーハー2発の比ではありません。

その時、彼の口から信じられない言葉が発せられたのです!

『カイザーさんBB5を処分して下さい!、フルレンジにします!』

「えっ! 何と言う事を! 本当ですか!」

「ここまで愛情と金を掛けて、専用のスタンドまで作ったのに?!」

「BB5という山の頂きはすぐ目前ですよ!」

『いいえ!大丈夫です!』

『速さと正確さに勝るものは無い! と、確信しました!』

「K.Yさんの決断力には脱帽です!」


カイザーウェーブ理論の証明

この鳴り方こそ、カイザーサウンドが推奨する「カイザーウェーブ理論」であります。不協和音しか出ない構造・寸法の機器や、オーディオラックを含めた周辺アクセサリーで編成したならば、どんなに優れた性能の機器を購入したとて、イラつく不協和音しかしない事を解って欲しいのです。

オーディオは科学と芸術の融合です。最初から数・理・科に於いて間違いから始まっていたとすれば、情・気・術を語るに値するものではありません。好きとか嫌いとか、好みの違いを述べるには、音楽の体を成したる後の話であります。


音楽感受脳の正しき反応無くして、魅惑の音楽再生は成し得ず

音に興味を示す初期段階に誤った情報を脳が認知したなら、人間はそれを了としてしまう怖さを併せ持っているのです。それは化学調味料に毒されてしまうと、素材自身に備わる本物の味を識別出来なくなる事からも証明されています。要は己の音楽感受脳が正しく反応しなければ、魅惑の音楽再生は永遠に不可能なのであります。


Alpair12の片側4発にするか? マエストロにするか?

どうせやるならという事で完成までに半年という期間を貰って、Alpair12を片側に4発使ったワンオフモデルを作ろうという話になりました。あれこれ構想を練りデザインコンセプトもほぼ決まり、ラフスケッチを描けるようになった頃に、K.Yさんがカイザー東京試聴室に来る事になりました。

『任せ切ったつもりで居ても、マエストロの事がいつも最後に頭にもたげて来る』と言われるものだから、「だったらもう一度じっくりと聴いてみたら如何ですか?」と持ち掛けました。

以前にも「カイザータワー」を組み上げてすぐの音を聞かれた事がありましたし、「マエストロ」も勿論体験済みです。特に『和紙で出来たトライモードユニットの生々しい音が耳にこびりついて離れない』と打ち明けられました。

マエストロの音を聞いて、改めて納得が行ったようです。

『やはりマエストロにします!』が彼の答えでした。

「マエストロはシビアーで、鳴らすのが難しいですよ」

「だけどフルレンジユニットとパッシブユニットは一蓮托生なので、これほど正確無比に反応するスピーカーは他に無いと思います」

「従って慣らし切った時には、恐らく想像を遥かに超えた世界が見えると思いますよ」。「私もそれをテーマに現在挑戦中ですから・・」。

「また、お金も結構掛かりますよ」

『大丈夫です! 前進あるのみです』

今回はAlpair12ユニット片側4発の案は消えましたが、私の頭の中ではすっかりその音が出来上がっているので、その内商品化出来る日が来る事を祈りたいと思います。私自身がその設計の音を聴いてみたいという気持ちがあるので、きっと日の目を見る事になるでしょう。これまた斬新な設計なので、商売抜きにしてもやり遂げなければならない宿題として課せる事に今この場で決めました。


BB5は山口県へ嫁入り先が決まりました

K.Yさんが使っていたBB5はブライストン製パワーアンプ4台と、モノラルチャンネルディバイダー2台が、スピーカー本体とセットになったフルマルチシステムです。音は完全にバランスが取られていて、値段も1,000万円が近く、PMCの中のトップエンドに位置するプロ仕様です。

こんな特殊スピーカーはおいそれと誰にでも案内出来るような代物ではありません。「ひょっとして彼なら!」と思える人物が居たので、その話を案内したところ、『興味があるので、兄と親父と一緒に聞きに行きたい』との返事を頂戴しました。一人は茨城、家族の方は山口、私は東京、三方から別々に出発し、信越道の中野ICで落ち合ってK.Y氏宅へ向かいました。

とにかく抜群に鳴っているBB5でしたので、『こんなに素晴らしいスピーカーをどうして手放すのかが信じられない? 余程の理由があるのだろう・・・』と、幾分訝しがる空気も一瞬漂いましたが、そんな事より兄さん(Y.I氏)が乗り気になり、『BB5は以前から憧れだったので是非売って下さい!』という事になり、あっけなくその場で商談が成立したのです。掘り出し物だという事は音を聞きさえすれば誰にでも分かるものです。

手塩にかけた物は、誰とも分からない人の所に行くよりも、この人ならと思える人に焦がれて貰われて行くのが一番喜ばしいですね。だって、私も東京から長野まで10回以上足を運び、その都度気持ちを込めてセッティングした可愛い我が子のような存在なのですから。

K.Yさんが「ミラクルサウンド・スクリーン」まで導入する入れ込みようで取り組まれたのには、私も頭が下がる思いでした。私にとっての「ミラクルサウンド・スクリーン」と「ナイアガラ」は特別な存在で、買って頂いているお客さんは神棚に祭りたいぐらいです。

愛情を掛けて育まれたBB5システムをご覧頂けます。

実のところY.Iさんには弟さんと共に「ナイアガラ」を買って頂いているのです。これは何かのお導きなのでしょうか。そのY.IさんはBB5を迎えるに当たって、『30畳の半地下オーディオルームを建てるんだ!』と意気込んでおられます。半年後か一年後には山口のBB5をレポート出来る事になるでしょうから今から楽しみです。勿論オーディオルームの設計は私が担当します。素晴らしい部屋を作りますので皆さんご注目下さい。


サウンドフロアーの施工

桜無垢材でサウンドフロアーを組み上げる予定を組んでいたのですが、志賀高原原木杉を提供して下さっている材木屋さんから、『かば桜なら在庫があって安く提供出来るけどどうだろうか?』という案内を貰いました。

現物を見に行くと、既製品にしては予想以上に良かったのと、コストを大幅に落とせるのでそれに決めました。長さ1840、幅95、厚15で寸法的にも申し分無しです。私の当初のプランですと、材料費だけで60万円以上もする見積りが上がっていましたので随分節約出来ました。

根太材の米松は3mの物を16本用意し、広島から送らせました。事前に図面を引こうと思って頑張ったのですが、どういう訳かイメージが湧いて来ないのです。こうなったら、材料に聞くしかありません。現場でアドリブで決める事にしました。カイザー寸法の黄金長である1,575ミリと945ミリに切り、後ろと前の長さを場所によって変えて施工する事にしました。

中央部分に525ミリ幅の根太材を固定し、左右に音を広げるべくオスを外側にしてさねを嵌め込みます。音楽のテンポやリズムの元となる根太材を、あらゆる音楽に対応出来るべく色々なピッチで固定します。

この方式は最近開発した「オールマイティー型自動制御ケーブル」の設計ノウハウによるものです。K.Yさんと息子と私の三人で二日掛かりで施工しましたが、とにかく設計図が無いので、考える時間が多くなりやたら時間が掛かってしまったのです。こんな厄介な事は今回が最初で最後です。

K.Yさんは車の整備士の免許を持っているほど器用な方で、大工仕事もこれまたお手の物です。根太は木ネジ止めですが、フローリングはエアーガンによるタッカー打ちになります。それらの道具全てが自前というから驚きです。

打った釘の数は恐らく2,000は超えたでしょう。衝撃もかなりあるし作業を終えた時は彼もヘロヘロ状態でした。しかしながら、自分自身で釘に思いを込めて1本1本止めるので、人任せにしたのとは愛情の掛かり方が大違い。だから音は良くて当たり前なのです。


「志賀高原原木杉オーディオ壁」VS「かば桜サウンドフロアー」

幅5,460、奥行き2,520ですから畳9枚の計算になります。偶然ですが背面壁と同じ面積ではありませんか。お互いの"加速度組み立て"が相乗効果として働き、強烈なエネルギーの等価交換が成されるものと思います。

それにしてもこの偶然は大きなご褒美となりました。部屋全体は24畳あり、一般のオーディオルームとしては理想的な広さです。更に側壁にも部分的に志賀高原原木杉の加速度組み立てを予定しています。現在丸太から切り出して自然乾燥させているところです。

K.Y邸の音は一体どこまで進化するのでしょう。彼は『カイザー第2試聴室にするのだ!』と、嬉しくなるような事を言ってくれます。良い気分になったところで音が出るところまでセットアップする事にしましょう。

今回はこれだけの大工事をしたので、音が落ち着くまでにはしばらく日にちが掛かります。従って普通は細かなところまでのセッティングは出来ないのですが、幸いにもカイザーサウンドには音の成長度合いを先読みする技術があります。

だから良い音になる位置に、スピーカー初めラックやミラクルサウンド・スクリーンを設置出来るのです。これもあらゆるシステムや環境の中で、オーディオクリニックをこなし、数え切れない音のデーターマップを蓄積して来た賜であります。

本日はRK-AL12をマエストロを設置するまでの繋ぎ役として、少しの間聴いて頂く事になります。

 

2度目の訪問

マエストロの納品設置

マエストロは広島に保管してあり、近畿地区のクリニックツアーに併せて東京まで持ち帰りました。納品当日は日曜の為、横川S.Aは家族連れでごった返していました。おこわ弁当を買い、一息入れる間もなくそそくさと出発です。そこから先は思いの外スムーズに走れて志賀高原まであっという間でした。

「早かったでしょう」

『飛ばし過ぎですよ!』

『昨日は子供の遠足の前日のように全く眠れなかったです』と、可愛いところを打ち明けてくれたK.Yさんですが、どれだけ待ち遠しかったのかがよく分かりました。「よし! 今日は腕によりをかけて、飛びっきりの音を作らなきゃ!」と強く思いました。

いつもお邪魔する"そばの岩本"での昼食は11時の予約ですから、先に荷物を下ろす事にしました。段ボールを解くと、サランラップに巻かれてキラキラと黒光を放つマエストロが姿を表しました。

『胸が高鳴りますよ!・・』

「今日は今迄で一番興奮していますね?」

『そろそろ岩本へ行きましょうか?』

今日のそばは普段の倍ほどの太さでビックリ。ツルツルと音を立てて吸い込む訳には行きません。顎に力を入れて"ガシッ!ガシッ!"と、牛が藁をすり潰すように噛まないと喉を越えて行かないのです。腰があるを遥か通り越し実に固いのです。

そばの岩本は元々男性的なそばですが、今食しているのは荒っぽくワイルドです。今日は地元の"そば祭り"と聞いていたので、この村に伝わる昔流儀で出してくれたのかも知れない。どっちにしてもビックリするようなそばでした。

二、三日後に聞いた話ですが、祭り当日は300食のそば打ちでくたびれて、その挙句の果てに切るのが苦痛になり、ついつい太くなってしまったというのが事の真相でした。


マエストロを目の前で組み立て

「さて、腹ごしらえも済んだし、開梱して組み上げる事にしましょう」。先ずは分厚いハードメイプルの底板を外し、5ミリのごついステンレス板のステンロッド取り付け部が落とし込み式で、音色に彩(いろどり)を持たせるべく各々の深さを変えてあります。そのステンレスロッド5本を響きの方向を揃えて取り付けます。ここら辺りが、ローゼンクランツならではの拘りであります。

最近ルームチューニング製品として発売した、"ミラクルサウンド・シャワー"も、このマエストロと同じ比率での配置パターンとなっています。これは金属楽器の生々しい響きを得る為の仕掛けであります。マエストロのエンクロージャー内部をリスニングルームの原点として考える独特のアプローチです。

マエストロの足回りは拘りに拘っていて、とてつもなく強力です。真鍮無垢スパイクとステンパイプを通じて音楽振動が波動還流エネルギーとなり、メイプル板を通して切れのある金属楽器の強靭なエネルギーを付与します。

殆どのスピーカーは木質系で出来ている為、実際の音楽演奏に比べて金属楽器のエネルギー成分が圧倒的に不足しています。それを補う為に音叉棒の原理を用いたのであります。

特にK.Yさんの部屋は生きた床と壁、その上に2メートルを超える"ミラクルサウンド・スクリーン"も設置しているので、ローゼンクランツが理想とする強力な布陣が勢揃いであります。若しもこの部屋で良い音を出せなかったら、私は首を括らなくてはなりません。そうです、この部屋は全く言い訳の出来ない状況なんです。

次は初期型のユニットが着いていたのを最新型のモデルに交換します。主な変更点はアルミダイヤフラム、サブコーン、ダンパー、球体磁気回路の振動減衰器の追加であります。これらの改良によりトライモードユニットも大きな進化を遂げました。

BB5マルチの時は3段ラックが3組だったのですが、今回は4段タイプ一つに替わりました。下からトランスポートとして使っているTL-5100Z、DAコンバーターは初代ノーススターデザイン、パッシブコントローラーがローゼンクランツC1-EX、一番上が型番を忘れましたが、5万円ほどのマランツのプリメインアンプです。これはフルモディファイしていますので、素晴らしいアンプに変身しています。

以前と比べて随分スッキリしました。ラックの前にある黒い箱はローゼンクランツがアッセンブルした特製PCトランスポートです。筐体が柔なので振動対策無しでは良い音を望む事は困難です。従って4角にはネジ止め式としても使えるインシュレーターのCAPTAINを装着し、更にその下にはPC専用のサウンドステーションを敷きました。この二つによって恐ろしいほどの性能を発揮します。

数千枚ものCD収録が可能と知った事が、私自身のPCトランスポート導入の切欠となった訳ですが、大した期待もしていなかった分だけその音の素晴らしさに驚きました。

PCの音の魅力に嵌った私は、PCオーディオの音の可能性を息子の長年のキャリアを活かして取り組み始めました。折からのPCオーディオの活況と共に上得意様を中心に受注実績も増え、今となってはローゼンクランツの音作りに欠かせない存在となりました。

電源タップはベストセラーの"ナイアガラJr.4"です。各機器には開発中のケーブルのテストを兼ねながらの暫定使用となっています。それを「オールマイティー型自動制御ケーブル」と呼んでいますが、その独創的かつオリジナリティー溢れる設計理論と群を抜く音楽性の高さが、ケーブル論争に終止符を打とうとしています。

次の写真はミラクルサウンド・スクリーン越しにファインダーを覗いたものと、マエストロのバインディングポストに装着したスピーカーアタッチメントを写したものです。電源ケーブルに始まり、ピンケーブル、そしてスピーカーケーブルに至るまでの音楽信号の伝送には、ローゼンクランツ独自の拘りがあります。

それは低・中・高の周波数特性とエネルギーバランスの両立を可能とする、細くもなく太過ぎる事もない撚り線と単線の良いとこ取りが大前提です。音楽生命を萎えさせずにスピーカーに届けた後に、音をシャワーのように開放し、各楽器の音色の調和を図る役目を担っているのがスピーカーアタッチメントです。

念入りにセッティングしたマエストロは、東京試聴室では決して得られない自然木の心地良い響きが素晴らしい音楽を聞かせてくれます。どんな種類の音楽でもバッチリと鳴らします。

K.Yさん本人は『危ない世界に行ってしまった!』と意味深な表現をしています。

 

3度目の訪問 飽くなきオーディオ理念追求に向けて

真空管アンプP-1EXの納品

11月10日は真空管アンプP-1EXの納品です。9月25日にマエストロを納品したので、1ヵ月半待って頂いた事となります。全て手配線なので、しっかり時間を頂戴して丁寧に組み上げました。

その間は、仮にお持ちしていたマランツのモディファイアンプで聴いて頂いておりましたが、5万円程のアンプにしてはとてもよく出来ているので、何かがあった時の為に『これも頂きます!』という事になりました。

K.Yさんは流れるような音楽的魅力に嵌ったような事を言っておられました。それもその筈、カイザーのデモ用に一時期使っていたほどのアンプですから、徹底したモディファイを施したスペシャルチューニングモデルなのです。しかし、その代役も終わり、今日は真打ちP-1EXが登場する日であります。


RCAとPhilipsの整流管を聞き分ける

整流管を2種類用意して、両者の音の違いを確認して頂きます。最初は定番であるRCA・5R4GYから聴いて頂きました。ST管と呼ばれるタイプで、音はその形状の通り響きが美しく、感情表現が豊かで、艶と潤いのある女性的魅力を持っています。バイオリン、チェンバロ、ハープといったアコースティック系の楽器は特に素晴らしいです。

一方、Philips・5R4GAはストレートな円筒形をしたGT管という名称で親しまれています。これも形の通りストレートでダイナミックな力感が特徴で、中低音にギュッと凝縮した締まりのある男性的な音がします。音楽をぐいぐい引っ張って行くようなところがあるので、ベイシーやエリントン等のビッグバンドが良いですね。

ユニットの16Ωに対して、アンプのインピーダンスも16Ωとマッチングがバッチリ取れているので、スピーカーをしっかりグリップする感じの違いが一聴して分かります。さすがに、P-1EXは物が違う! といったところでしょうか。 P-1EXはこれで完売となりました。
P-1EXオーナーの皆さん本当に有難う御座いました。


マエストロの天井知らずの実力は、一体どこまで? 

色々なジャンルの音楽をかけてテストしましたが、圧巻だったのは意外にも打ち込み系でした。ハイエンドオーディオで、今までに打ち込み系が鳴るシステムにお目に掛かった事が無いので、特に強い印象が残ったのかもしれません。打ち込みが上手く鳴れば、デスメタルであろうとクラシックであろうと何でも来いです。

マエストロはフルレンジ+パッシブユニットですから、お互いが吸って吐いての腹式呼吸に似ていて、エネルギーの等価・等量交換が出来る為に、タイミングが狂う事が先ずありません。どこかで書いた記憶があるのですが、絶対に離れる事無く、常に自分の足にくっついて動く自分と影の関係と同じです。

普通のスピーカーはネットワークの弊害と共に、重たいウーハーユニットには慣性の力が働き、すぐに元に戻れない宿命に、どうにもこうにも収集がつかなくなってしまうのです。だからどろどろとした低音になり、プロは試聴会やイベント時には打ち込み系を鳴らす事は絶対にありません。


セッティングの極み

今日の私は一世一代のセッティングだと思って、もの凄い集中力で合わせました。その結果、三次元空間のどの方向へも、どの方向からでも、凝縮開放・回遊往来・原点回帰し、見事に音のパノラマが展開・再現されるようになりました。

ミラクル・サウンドスクリーンとミラクル・サウンドシャワーが、木と金属の楽器が持つそれら自身のリアリティーを再現します。そのイメージを少しでも分かって頂く為に、ミラクル・サウンドシャワー越しに、オーディオシステム全体が見れるアングルで写真を撮りました。


音楽は長さの組み合わせ理念により成り立っている

特にトライモードユニットのコーンの直径がカイザー寸法の10.5cmなので、他の楽団員(オーディオ・イクイップメント及び環境)と連動・呼応・共鳴する為の、原音・基音のエネルギー発生源である指揮者(コンダクター)であり核となるのです。

その楽団員である詳細は、エンクロージャーのH94.5cmもそうですが、ラックの棚板のW52.5、その脚の5.25ピッチの棚板間隔、ミラクル・サウンドスクリーンのポール径5.25、長手方向は10.5、42、52.5、94.5、105と多彩です。

更には施工したサウンドフロアーも52.5、157.5の数字を設計に盛り込んでいます。壁面の原木杉・戸籍簿管理・加速度組み立てに至っては、板厚1.05、幅10.5と拘りに拘り抜いています。

全ての基音は5.25cmを1基長のn倍長となる数式メカニズムをローゼンクランツでは構築しています。ここに、倍音構造であり3度違い、5度違いの調音も組み合わせによって構成出来るようになっています。

一般的としている100Hz、1kHzとかの10進法では、音の構築とバランスを見る面に於いては有益ですが、あくまで音の測定にしか過ぎず、音楽性・芸術面に於いては参考になりません。即ち本番では使い物にならないのです。

その点ローゼンクランツ製品の場合、音楽に参画する楽団員(オーディオ・イクイップメント及び環境)全員が、ハーモニーチューニングが施されたサラブレッド集団である訳ですから、最終的には全てが大平面床スピーカー、大壁面スピーカーに変身します。

ローゼンクランツの奏でる音楽が他のオーディオシステムと比べた場合に、音楽的エッセンスの面で格段の差が現れるのは、上記のような迷いのない理念に則っているからです。音楽に譜面があるように、オーディオにも譜面は必要なのです。この点に気づいているメーカーは世界でもほんの2〜3社ではないでしょうか。


武士道精神の成すオーディオとは?!

その渾然一体となる為には、不退転の理念無くして成せるものではありません。従って、雑誌のグランプリや金賞受賞メンバーを集めた偏差値集団のようなチームからは逆立ちしても出せる音ではありません。

能力ある製品を集めて金の力で達成しようとするのではなく、実現せんとする音の理念があって、初めて音の設計図が描けるのです。数え切れない打ち合わせと、話し込みによって完成させて行く感動のストーリーであります。強い信頼関係によってのみ成り立つ、最高難易度・極地到達・達成感です。


手漉き和紙によるトライモードユニットは世界最高峰

叩く音、擦る音、引っかく音、揺れる音、このマッハ級のスピーカーの反応を体感すれば、他のどんなユニットを持ってしても、実現不可能と認知せざるを得ず、オーディオ技術者にとっては、冷酷極まりない現実を突きつけられる事になります。

正にアンビリーバブルな世界であります。この心震えるリアリズムの連続を音楽と呼ぶならば、過去に聞きし全てものは音楽ではなかったとの思いに帰結するでしょう。特に人の声は官能的であり圧倒的です。

コーン、ホーン、ドームの異なる振動板を同一ボビンに持つ、トライモードユニットと名づけられた手漉き和紙は人間国宝によって漉かれます。それは絡み合う強靭な自然繊維によって最速・最強・最大の内部損失を有す世界一優れた振動板であります。


予約制にてプロアマを問わず試聴可能

しかし、人を驚かせる事は出来たとしても、上には上があるという高みを知らずして、あるいは取り込まずして、真に感動させるだけの製品を開発する事は、一朝一夕に出来るものではありません。そんな凄い音を、ぜひ一度拝んでみたいという方は遠慮なくお申し出下さい。

K.Yさんのご好意により試聴が可能です。

オーディオを真剣に取り組んでいる方なら、プロ・アマ問わずO.Kです。特に我がシステムには自信ありと思っていらっしゃる方、公言する必要はありませんが、道場破りのつもりでいらして頂いても構いません。

※ ご希望の日時を2〜3ご記入の上、下記へご連絡下さい。
  日程調整の上、お返事差し上げます。

郵便番号 135-0045
住 所 東京都江東区古石場2−14−1
ウェルタワー深川606
社 名 カイザーサウンド有限会社
担 当 貝崎静雄
TEL 03-3643-1236
FAX 03-3643-1237
携帯 090-2802-6002
E-mail info@rosenkranz-jp.com
← Back     Next →