トップ製品アクセサリーSP-AT(8NLimited)

商品のお買い求めについて

SP-AT(8NLimited)


SP-AT(8NLimited) \150,000
金額は4本1組の価格



 - 特 長 -

 とに角、「最高の音で音楽を楽しみたい!」。

 高き峰の頂を目指し、本物を求めて止まない方の為に、

 「カイザーサウンド」のノウハウの全てを投入して完成させました。

 今までのオーディオの常識を打ち破る技術革新。

 この感動はどんな言葉を持ってしても言い表す事が出来ません。

 それ程凄いんです!。


 ● X,Y,Zの3軸の完璧な音楽バランス。

 ● 部屋の壁を取り払ったかのような広大な音空間。

 ● 本物の楽器の持つ品格や質感をありのままに表現。

 ● 貴方のスピーカーが生演奏に勝るような音に変身します。

 ● 何百万円のコンポを変えた以上の効果です。

 ● システムのグレードが高いほど、その実力を発揮します。


 このスピーカーアタッチメントはパッシブ型のサウンド・エンハンサーと考えて頂いても結構です。従いまして、コイルやコンデンサー類を使いませんので基本的に音質に害が全くありません。

 高価なイコライザーを使っても音は必ず萎えます。このスピーカーアタッチメントは音が萎えるどころか、不思議なほどパワーアップします。聴感上では2dB〜3dB程音量が上がったように感じます。
 
 スピーカーアタッチメントはカイザーサウンド独自の考え方で10年以上研究し続けてきた製品です。ローゼンクランツの音が今日評価が高く信用がありますのは、全てこのスピーカーアタッチメントから始まっているのです。

 昨年世界で初めて、「音を測る物差し」として発売いたしました「カイザーゲージ」も、実はこのスピーカーアタッチメントの研究の中から発見出来たのです。言い換えますとカイザーサウンドの全てが凝縮されていると言えるでしょう。

 1号機を購入されたTさんの感動のレポート

 - SP-AT(8NLimited)に採用の技術。 -

  • 打楽器、金管楽器、弦楽器、鍵盤楽器、ボーカル、それぞれに適した6種類の線径を絶妙の量加減にてブレンド。
  • このブレンド技術に関しても並列と直列を巧みに操り、お城の天守閣を作り上げるような工法を採用しております。
  • 音の良い長さ52.5ミリの採用。(これはピアノの全ての音の基になる音=88番目鍵盤の弦の長さと同じです)。
  • 加速度配線。
  • 加速度組み立て。
  • 加速度線径。
  • 左右の捻りの調整で、凝縮と開放のバランスを取っています。
  • 徹底した方向性の管理(Y端子、スピーカーターミナル、線材、妨振材)。
  • 特にWBTのターミナルに関しては全部バラして倍の数の中から最適な組み換えをし、序列を設けた上で特にマイナス側に抜けの良いターミナルを組んでいます。
  • インシュロックタイ一つとっても音に対する影響は大きく、厚さや幅、そして色、また締める方向と締め具合によって最後の音質調整をしています。
  • 音楽性の高い被服の剥きの長さを採用、その精度は1/5ミリ以内。
  • 信号ロスの無いダイレクト半田技術。
  • 半田の後、メロディーラインを美しくする為の丁寧な研磨仕上げ。
  • Sn52.5%のナチュラルサウンド・カスタムハンダの採用。


購入についてのお問い合わせ
貸し出し試聴 詳しくはこちらへ
カイザーサウンド有限会社
担 当 貝崎 静雄(かいざき しずお)
E-mail info@rosenkranz-jp.com
Tokyo Tel 03-3643-1236
Fax 03-3643-1237
Hiroshima Tel 082-230-3456

戻る



お客様からのメール


 ----- Original Message -----
 From: "H.K"
 To: <info@rosenkranz-jp.com>
 Sent: Friday, April 22, 2005 9:42 PM
 Subject: Re[2]: SP-AT(8NLimited)

 貝崎様
 長野県のH.Kです。

 早速本格的に聞いてみました。

 音が出てきて直ぐ、全く別物と言うことが体験できます。
 音が前へ前へとぐいぐい出てきますね。
 しかもきめの細かい音で。

 今までの音は完全に埃を被ったようなこもった音で、
 音の視界がグンと良くなりました。
 さらに音圧まで上がったような気がします。

 なんとなくヴーミーだった低音も気持ちよく抜けて
 スピーカーが生まれ替わったようです。

 いつもいつも貝崎さんの作品には驚かされっぱなしで
 嬉しいです。

 本当に有り難うございました。


 ----- Original Message -----
 From: "I.O"
 To: <info@rosenkranz-jp.com>
 Sent: Sunday, October 24, 2004 8:52 PM
 Subject: 届きました。

 こんばんは、I.Oです。

 スピーカーアタッチメントが今日(24日)の夕方に届き早速聞いています。

 うちのスピーカー(ダイヤトーン1000ZX)には
 もう少し角度が付いた方が良かったです。(45°くらい)
 でもどうにか繋げて音楽を聴いています。

 ホームページにも有りましたが最初は?。
 発送前にエージングをして頂いたようですが
 2、3時間位たってから良くなってきました。
 あの高域からやっと開放され、別次元へと一気に昇華した気分です。

 馬には乗ってみろ、アタッチメントは聞いてみろ。
 といった所ですか。(あまりぴんと来ない表現ですが)

 また、壁コンセントはもう少し後に付けるつもりです。

 ありがとうございました。
 では、失礼します。



 ローゼンクランツ 貝崎 様

 大阪のWです。
 先日はご丁寧な電話までいただいて誠にありがとうございました。

 時間がございましたら、下記HPでも覗いて見てください。
 今後ともよろしくお願い申し上げます。

 http://www2.odn.ne.jp/jazz-audio/Feeling/Feel97.htm


 ----- Original Message -----
 From: "M.K"
 To: <info@rosenkranz-jp.com>
 Sent: Monday, August 02, 2004 8:44 PM
 Subject: スピーカーアタッチメントの感想

 貝崎社長、こんばんわ。

 「SP-AT(8NLimited)」、昨日到着いたしました。
 お忙しい中、ご無理申して作製していただきどうもありがとうございました。

 早速、メインシステムのContour3.0に試してみました。ちなみに、CDPは最近導入しました「DPATX01スペシャル」です。まだエージング前ということで、「SP-AT(8NLimited)」の本当の実力は発揮していないかもしれませんが、第一印象をご報告させていただきます。

 HPの記載にもありますように、まず感じたのは3wayのContour3.0がまるでフルレンジのSPように高中低域の音の繋がりが改善されたことです。実は最近、ツイーターを両側交換したばかりで高域のきつさが少々気になっていたのですが、それが見事に解消されました。と同時に、スーパーツイーター(ES105)の存在も掻き消えました。

 正直申しますと、想像していたような「音が溢れ出してくる!」ような大きな変化はありませんでしたが、それでも現時点で十分満足しております。後はエージングとセッティングの追い込みだとは思いますが、セッティングに関しては現在暗礁に乗り上げております(笑!)ぜひ一度、貝崎社長のクリニックをお願いしたいと常々思っておりますが、当地仙台までご足労お願いできますでしょうか?(勿論、ご都合の良い時で構いません。)

 ちなみに、「SP-AT(8NLimited)」の製造No.005ということは5番目のユーザーということでしょうか?(もしそうでしたら光栄に思います。)

 取り急ぎ御礼とご報告まで。

 M.K



 ----- Original Message -----
 From: "M.K"
 To: <info@rosenkranz-jp.com>
 Sent: Friday, August 06, 2004 9:17 PM
 Subject: スピーカーアタッチメント追加報告

 貝崎社長、こんばんわ。

 スピーカーアタッチメントの続報です。
 あれからエージングによって一段と音がなめらかになってきました。

 それと一番驚いたのは、CDP(DPATX01スペシャル)の脚をPB-JRUに代えたところ、その効果が格段に増したことです。大変失礼ですが、いままで単独でCDPに使っていたPB-JRUはともすると音が煌びやか過ぎてソフトによっては合わないことがあったのですが、スピーカーアタッチメントとの相乗効果でしょうか、印象がガラリと変わりました。

 最初と最後をローゼンクランツでかためた結果がこうですから、インターコネクトも揃えるとたぶん凄いことになるんでしょうね。(ちょっと今は予算的に無理ですけど、笑!)

 ローゼンクランツマジック!堪能させていただきました。

 まずはご報告まで。

 M.K


 ----- Original Message -----
 From: <T.T>
 To: <info@rosenkranz-jp.com>
 Sent: Sunday, November 10, 2002 1:14 PM
 Subject: 音の弘法大師

 こんにちは。今日は月末に監査があるためうらめしくも出勤です。ゆうべはあれから早速アタッチメントをつないで音を出しました。一聴してすぐ音楽がスイングしているのがわかりました。音が大きいのでボリューム位置を確認しましたが、いつもと変わりません。エネルギーが無駄なく伝播している証左でしょう。(普通に考えると抵抗が増えるので逆のはずなんですが・・・。)

 特に感銘したのは演奏者がふと力を抜いたときの素晴らしさです。

 力強さを表現できる機器は数々あれど、

 力を入れる前のタメ、

 力を引いたときの一種の脱力感ではない

 解放感や安堵感を表現できるものはなかなかありません。

 それは弦楽器やピアノよりもボーカル、

 管楽器、ギターなどの撥音楽器でより顕著で、

 かつ、中音域(声の帯域)に近づくほどに表情が豊かになっていきます。


 ゆうべは翌日が出勤であることを考えて、早めに床に入る予定でしたが、時間の経過とともに音がこなれていき、12時過ぎるころには評論家的な低音がどうの、高音がどうの・・・という分析はもうどうでもよくなってくるくらいの音、いや、音楽になりました。

 一言で言えば「表現力の向上」でしょうか。

 いや表現力という言葉も力を失う。

 音楽の表情、いや演奏者のスピリットまでも顕れてきます。


 マイルスのトランペットが音の輪郭がきりっと立ちながら、

 こんなに表情豊かに聞こえたことはありません。

 人によってはその鋭すぎる才能を揶揄されることも少なくない人ですが、

 やはりこの人は神から祝福され、力を与えられている人だと再認識しました。


 マディ・ウォータースのブルースではアメリカ黒人の内面の葛藤、

 一方で、苦しい日常のなかでも一瞬訪れる生命の喜びが音の一音、一音から聞こえてきます。

 このひともアメリカ黒人文化の精神と形を体現した巨人です。


 カイザーサウンドの素晴らしいところは表面上の洗練を追い求めずに音楽の醜美まで内包させているところです。(DS,CX,GS・・・歴代のシトロエンも決して綺麗ではなく、むしろ醜い。が、真の意味でエレガントで美しい。)文明は洗練されすぎると力を失います。

 今の日本、特に東京あたりのあり方を見ているとそう感じます。そういう意味で貝崎さんが日本の中心である東京に拠点を構えたのは正しい選択だと思います。これは決して上流階級や知識階級のための唯識的、形而上学的な仏教ではなく、欲望を人間性の原点として認め、中国で法力を得、そのパワーを出世栄達のためだけではなく、各地を巡礼し、布教を行い、真言密教を広めた空海、弘法大師にも通じるものを感じます。

 必ずや、貝崎さんの投じた一石が、唯識的あるいは唯物的なものに偏り、上っ面だけの洗練と営利のみを追求する我が国オーディオ界に波紋と波動を広げていくと信じております。



戻る