トップ製品アクセサリーSK-42/SK-52.5

商品のお買い求めについて

SK-42/SK-52.5


SK-42
写真をクリックすると拡大表示します
SK-42 \3,000
購入についてのお問い合わせ
SK-52.5
写真をクリックすると拡大表示します
SK-52.5 \3,000
金額は1個の価格
購入についてのお問い合わせ



 - 特 長 -

 精度は1/100ミリ以上、1000分台の物です。

 今の所、高性能で音の良いスパイク製品は発売されていませんので、

 ここで、ローゼンクランツが先鞭を付けたいのです。

 その為には、最後の最後まで音に対してこだわった物を創りたいのです。

 ネジ1本にまで魂を込めて。

 世界初の方向性管理済みのスパイクとナットの誕生。素材はインシュレーターによって高音質を証明されたシリコン入りの真鍮(エコブラス)を使用。大半のスピーカースタンドやオーディオラックにご使用頂けます。


 エコブラス製スパイク&ナットの詳しい情報

 - サイズ -

 SK-42  0.04kaiser(42ミリ)

 SK-52.5  0.05kaiser(52.5ミリ)

 スパイクのネジはISO規格M8、長さ42ミリと52.5ミリの2サイズ、ナットとペアーにて販売。

 念の為サイズはご確認下さい。


カイザーサウンド有限会社
担 当 貝崎 静雄(かいざき しずお)
E-mail info@rosenkranz-jp.com
Tokyo Tel 03-3643-1236
Fax 03-3643-1237
Hiroshima Tel 082-230-3456

戻る



お客様からのメール


 ----- Original Message -----
 From: "M.K"
 To: <info@rosenkranz-jp.com>
 Sent: Tuesday, April 29, 2003 9:13 PM
 Subject: 試聴レポート

 貝崎 様

 お世話になります。M.Kです。

 本日、下記商品受領致しました。
 お忙しいところ、無理を言いました。
 お詫びと感謝を申し上げます。

 さてさて、とりあえずの感想と質問です。(笑)

 ・SK-52.5

 びっくりです。

 これはすごい。音が活力に溢れ出しました。低域がとか高域がとかといった表現よりは、「活力」と言う表現がしっくりきました。狙いの一つ、空間の拡張も実現しかなりの満足です。いやはや。


 ・BABY[E]

 これまたびっくり。
 ラックのスパイク受けとしての使用でしたが、これまた「活力」が漲ってきました。言われているところの、

 「一気に音楽が流れ出す」

 とはこういうことかと実感。対費用効果抜群です。


 ・DADDY

 これは再びの購入となった商品ですが、実はいろいろと謎というか何というか・・・。

 今回は、スピーカーとそのスタンドの間に置くことを目的としての購入でしたが、好奇心から CD トランスポータと D/A の下にまずは設置してみました。

 結論から申しますと、どちらに使用した場合も、基本的には「音の壁」が発生致しました。

 「活力」といったレベルではありません。完全にリミッターが外れた状態とでも言いましょうか、もはやそれが良い音なのか、制御不能な音なのかよくわからない状態です。ただし、歪みっぽいとか、ダブつきとかいったことは全くないので、やはり、リミッターが外れた状態と言うのが正しそうです。

 これはどうなんだろう???と判断に迷いつつも、とりあえず、それらを本来の目的であるスピーカーの下へ移しました。

 ???

 先程から繰り広げられている、激変に体が慣れてしまったのか、特に不満はないもののさきほどまでの前に来る感動がありません。

 そげなー

 と叫ぶ心を押さえつつ、各種ディスクを冷静に聞き進めていくと、なるほど、スパイクや、 BABY のような、また、CD や D/A の下のような、派手派手な効果はないものの、きっちりディテールの表現力が増しているではないですか!。

 設置の問題の可能性もありますが、私的には、CD や D/A の下に使った時は、

 「リミッター外し効果」。

 スピーカーの下に使った時には、

 「整音効果」

 的に働くに違いないと勝手に解釈しましたが、如何でしょうか?

 そう考えることで、先程のリミッターが外された「音の塊」が、「音楽」として聞こえてくるであろう様が想像できるからです。

 妄想ですかね?(爆)

 と言った訳で、さらに DADDY x 6 を買わねばなりません。(苦笑)

 とは言え、かなり先の話になりそうですが。(涙)

 その時にはまたお世話になります。

 長文失礼致しました。

 この度はありがとうございました。

 失礼致します。


戻る